Hachidori polygon plus

機能

活用シーン

お知らせ

お問い合わせ

Hachidori polygon plus fuchi

チャットボットの設計・開発から運用・管理までをトータルサポート

特徴

ノウハウを活かした
設計・制作

Design

一般公開している「hachidori」で構築された1000以上のチャットボットから実用性の高い機能/設計を厳選し、ノウハウとして蓄積しております。
「hachidori plus」ではこれらのノウハウを元にチャットボット設計のコンサルティングを行い、ユーザー様にとってより使いやすいUI/UXを提供いたします。

ユーザーの動向データを
マーケティングに活用

Graph

特定の会話をしたユーザー、特定の居住地に住むユーザーなど、チャットボットとの会話履歴からユーザーをカテゴライズし、カテゴリーごとにコンテンツを配信できます。
これにより、ユーザーが欲しい情報を最適なタイミングで提供することが可能になります。

有人オペレーターへの
繋ぎこみも可能

Operator

チャットボットによる自動応答とオペレーターによる人力応答をシームレスに切り替える「hachidori OPERATOR」を利用できます。
既知の課題には機械で対応し、新しい課題に直面されたユーザーにだけ人力コストを割くことが可能になります。

機能についての詳細はコチラ

Q&A

Mr question
Fukidashi left

どういったメッセンジャーに対応していますか?

現在はLINEFacebookに対応しております。

またhachidori plusでは埋め込み型のWEBチャットもご用意しております。

今後他のメッセンジャーにも対応していく予定です。

Fukidashi right
Mr answer
Mr question
Fukidashi left

人工知能が変な回答をしてしまったりしないのでしょうか?

hachidoriで作成されたチャットボットは人工知能(AI)が回答することはありません

hachidoriではユーザーが求める回答をより正確に導くため、言語解析の際に人工知能の要素技術を利用しておりますが、回答文章はあらかじめ設定された文章のみとなっております。

Fukidashi right
Mr answer
Mr question
Fukidashi left

チャットボットはどういった場面で利用されているのでしょうか?

お問い合わせ対応や予約対応、コンテンツの配信、また、マーケティングの一環として利用されることもあります。

詳しくは下記、または活用シーンをご参照ください。

Fukidashi right
Mr answer

活用例:顧客対応

Customer support 01

多くのユーザーがFAQを読まずにお問い合わせをします。
テンプレート(FAQ)で対応可能なお問い合わせに人力で回答するのは非効率的です。

Customer support 02

チャットボットは24時間365日テンプレートで回答可能なお問い合わせに対応することができます。
顧客満足度向上とオペレーターコストの削減に繋がります。

活用例:広告・マーケティング

Marketing 01

企業アカウントからのユーザーに対するコミュニケーションは一方的になりがちです。
興味のない一方的な広告やコンテンツの配信はユーザーからアカウントをブロックされやすくなってしまいます。

Marketing 02

チャットボットのコミュニケーションを通じてユーザーの潜在的ニーズを引き出すことで、ユーザー一人一人に最適な広告・コンテンツを配信することが可能になります。

その他の活用シーンはコチラ

料金

月額料金*5万円〜

初期費用20万

*月額料金はヒアリングの上、お見積もりいたします。

*カスタマイズが不要な場合の料金を表示しております。

カスタマイズが必要な場合の料金を見る

無料からご利用いただけるチャットボット開発ツール「hachidori」もご用意しております。
※ 機能制限有/サポート無

Hachidori logo fuchi

お問い合わせ

* = 必須項目

会社名 *

ご担当者様名 *

電話番号 *

メールアドレス *

部署名

所在地(都道府県)

ホームページURL *

従業員数 *

使用用途

ジャンル

導入時期

インターフェース

具体的なBOTの内容

確認